母の介護を終えて…。それからの日々の事を徒然に……と思っていたら今度は父がっ!また介護ブログに逆戻り!?


by chi_chi_ri

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2013年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

あの日。それから。

マンションまで戻って、父を先に帰した。
一緒に病院まで行ってくれた母と親しかった方と姪と、入り口脇の段差に腰掛けて話をした。22時は過ぎていただろうか。

30数年前、新築で買った小さなマンション。昔から住み続けている家も多い。お盆中の暑い夜だ。遅くに帰宅して来た方が、ひとり、またひとりと会話の輪の中に加わってくれた。

先に親を亡くされた方達から、葬儀の話を聞かされた。
現金が必要になる。明日、朝一でATMへ行くように勧められた。口座が凍結されないうちに毎日引き出してしまった方が良いと。それから、葬儀社にぼったくられないようにと。

何だか、夢の中にいるような感覚だった。地に足が着いていないような、浮かんでいるような感じ。家に戻ったら午前1時を過ぎていた。


翌朝、病院の霊安室から電話が入った。解剖の開始時間の確認。医師からまだ連絡が無い旨を告げた。兄には羽田から直接病院へ行くように伝えてあった。病理解剖の前に母に会わせておきたかったから。

医師から11時半から解剖が始まると連絡があった。霊安室を出るのが11時頃とのこと。もし、それまでに兄が間に合うようなら、会わせてもらえるようにお願いをした。その時間に居なければ、予定通りに進めてもらう。

病理解剖が終わったら、病院から出なくてはいけない。解剖の終わるのが14時頃。それまでに葬儀会社を決めて、手配をお願いすることになる。

兄も私も葬儀会社には全く心当たりが無い。互助会のようなものにも入っていない。昨夜、名刺をもらった葬儀社をネットで調べてみた。トップページに「国葬、社葬」とあり「築地本願寺、青山葬儀場……」。国会議員でも芸能人でもない。そんな葬儀は必要ない。どうしよう……。

デイ家族会で懇意にしている方に電話をした。国家公務員で定年まで勤めた方。年金のお知らせの中に共済組合の葬儀会社の広告が入っていることがあると言って、調べて連絡をくれた。父も同じ退職者、資格はある。

葬儀社のフリーダイヤルを兄に伝え、手配させる事にした。幸い葬儀社の事務所が近場にあり、すぐに動いてもらうことが出来た。

連日の猛暑とマンションの小さなエレベーターを考えると、母を家には戻せないのが現実。病院から直接、葬儀場の霊安室へ運んでもらう事になる。火葬場併設の公共の葬儀場を二カ所と区立のセレモニーホールをあたってもらった。セレモニーホールは霊安室が無いことがわかりパス。あとの二カ所のうち少しでも早く空きのある所をお願いした。それでも4日後が最短。そして何より、一番最初に決めたものは棺の種類。棺じゃないと葬儀場の霊安室には入れられないと言われた。

13時過ぎに病院へ着くと、霊安室の待ち合いに兄と義姉と姪がいた。結局、解剖前の母には会えなかったらしい。葬儀会社の方も棺を持って来てくれていた。

母が戻って来ると同時に病院の職員さんから話をされた。病理解剖に協力すると病院から謝礼が出るらしく、その書類にサインをして欲しいと言われた。深く考えずにサインをした後、封筒を受け取った。

「謝礼っていくらなんだろう?」。
母を棺に移している間の待ち時間に、袋を開けた。
3,000円と書かれた文字。母が3,000円に思えてきて、空しくなった。
こんななら貰わなければ良かったと後悔した。

よく見ると、封筒は香典袋で御霊前と書かれている。
せめて、謝礼じゃなくて、香典って言ってくれればよかったのに……。


母を乗せた車に続いて、葬儀場へ向かった。
火葬場横の霊安室に母を安置してもらい、葬儀場へ移動した。
明日から葬儀までの簡単な流れの説明を受け、細かな決め事は翌日に事務所で打ち合わせる事にして、家に戻った。

葬儀までの数日間、母はここで独りで眠ることになる。寂しくしてごめんね。でも、ここは涼しいから……。もう暑い思いはしなくていいからね。


葬儀の日程が決まった。明日は、親戚と親しかった方へ連絡しなければならない。この日のうちに、葬儀の連絡用の書面を作って兄宛にメールした。


地に足の着かない二日目が終わった。

e0275478_2332526.jpg



いつもありがとうございます!

e0275478_835673.jpg

←大きいカレンダーはこちら

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ
にほんブログ村
[PR]
by chi_chi_ri | 2013-10-29 23:42 | 今日のバアちゃん | Comments(0)

8月16日。あの日のこと。

母が亡くなった日のことをまだ書いていない。
50日が過ぎたら書こうと思ってはいたけれど、書けなかった。
今でも時々浮かんでくる母の最期の姿。
書こうとすると、あの時の光景が蘇ってしまう。

吹っ切れた訳でも、気持ちの整理が付いた訳でもない。
このまま、ズルズルと記憶が薄れて行くのを待つことも出来る。

でも、日々、母のことを書く事で気持ちが救われてきたのも事実。
書けば、気持ちが一歩前へ進める気がする。


あの日、午後からネットで調べものをしていて、気が付いたら16時をとうに過ぎていた。そろそろ病院へ行く支度をしなければ……。
ベランダで一服して部屋へ入ると携帯電話に着信があった。16時33分。
病院からの電話だった!と気付いた瞬間、家の電話が鳴った。

看護師さんから、母の「容態が変わった」と告げられた。
そして、「あとどのくらいで病院へ来られるか」と聞かれた。
特に緊迫した様子ではなかったのと、これから出かける準備をしようとしていた時だったので、1時間は掛からないけど30分以上は掛かるといって電話を切った。

急いで着替えをしている最中に、母の部屋で突然隊長がけたたましく吠え出した。「こんな時に……」。服を着ながら、なだめに行った。

家を出て、国道まで歩きながら、念のため兄に電話を入れた。
お盆休みの前に「14日から17日まで不在」というメールを受け取っていたから。病院から連絡が来たが、そんなに切羽詰まった口調ではなかったので、とにかく様子を確認してからまた連絡する旨を伝えた。

「何かあったら」と言う私に「すぐには帰れない所にいる」という兄。
この時、兄は石垣島にいた。

国道へ出て、タクシーにするかバスにするか迷った。
この時間帯、下手に乗用車に乗るよりもバスの方が専用レーンで早いことが多い。タクシーで裏道を使うよりもバスの方が確実だろう。

バスを降りて、時計を見たら17時15分過ぎ。病棟へ着いたのは20分頃だったと思う。スタッフステーションで声を掛けるように言われていたので、名前を言うと「こちらです」と病室の方向を指さされた。「こちらって、病室?」。看護師さんが慌てている。スタッフステーション横の処置室へ入れと言っているようだ。

横開きの扉を開けると目の前に、ベッドに横たわった母の姿が飛び込んで来た。その頭側の左に看護師さんと右側に医師が二人。バイタルのモニター。点滴。酸素マスクをしている母。

昨日までとは全く違う母の顔色と表情を目の当たりにした。

「何で昨日と全然違うんですか?」これが私が最初に発した言葉だ。

一瞬の沈黙と無言の医師に、気配を感じた。

「もしかして……、亡くなってるんですか?」。


前日の15日に母は点滴をしていた。そのために心電図をスタッフステーションでモニタリングしていたそうだ。
16日の16時半少し前。看護師さんが、そろそろ経管栄養の準備をしようとしていた時に、突然母の心拍数が40に下がったらしい。すぐに担当医に連絡して、医師が着いたが16時30分。「家族に連絡するように」との指示で携帯に掛かってきたのがあの時間だ。

延命処置の話をした時、機械は使わない約束をした。ただ、注射や点滴の範疇の事は行なって欲しいとお願いをしておいた。

医師二人で懸命に処置をしてくれていたらしい。
それでも母のバイタルの数値は波打つ事もなく、あっという間に全ての数値が下がっていったそうだ。

苦しむ訳でもなく、痛がる訳でもなく、ただ、いつも眠っている時と同じまま、数値だけがどんどん低下して、処置が効かなかったとのことだ。

8月16日16時48分。母の心臓は止まった。

救いだったのは、その瞬間、母が独りではなかったこと。


亡くなった母の横で、医師から状況の説明を受けた。
そして、その場で兄に電話を入れた。絶句する兄に、今すぐに空港へ行き事情を話して少しでも早い便を手配するように言った。

医師の説明を受けたあとに、まだ入ったままの点滴と酸素が外された。
そして、死亡時間を今にするか、心臓が止まった時間にするか訊ねられた。
ありのままに。と、心停止の時間にしてもらった。

看護師が母の身体を奇麗に処置をしてくれている間に、病室の荷物をまとめて、待ち合いのスペースに運んだ。そしてその場所で再度医師からの説明を受けた。

前日にカリウムの数値が下がったらしく、その処置でカリウムを上げる点滴をしていたそうだ。この薬を使っていたので、バイタルのモニタリングをしていたらしい。16日は11時と14時に血液検査をして14時にはカリウムの数値もほほ正常まで回復していたらしい。そして、この日は午後にリハビリもしてもらっていた。

医師達も、まったく予期していなかったことらしい。
そして、突然バイタルが下がり、あっという間に亡くなってしまった。
「突然死のような亡くなりかた」と言われた。

検査をしても熱の原因が分からなかった事や、突然亡くなって死因もはっきりしないという事で、病理解剖をさせて欲しいと打診された。

病理解剖に同意しても、やって欲しくない所は遺族の意思が尊重されると説明をもらい、同意した。頭部は拒否した。

亡くなったのが金曜日の夕方。
解剖が翌日土曜日か翌月曜日になると告げられた。

処置室で母の身体を奇麗にしてもらう際に、「歯みがきをさせて欲しい」と頼んでおいた。晩年になっても歯を大事にしていた母へ、最後の最後にしてあげられることだった。

医師との話や処置が全て終わった後、病室の扉が全て閉められ、霊安室からの迎えと一緒にエレベターで地下へ降りた。

霊安室に安置させてもらい、病理解剖が翌日になったが、時間がまだ決まっていない旨を話した。突然亡くなったので、私以外の誰とも会っていない。
一度家に帰り、父を連れて来る事にして病院を離れた。

父と同じマンションで親しかった方と三人でタクシーで病院へ向かった。
霊安室へ入って暫くすると従姉妹が来てくれた。そして兄と一緒に旅行に行っていると思っていた姪も来た。

亡くなるなんて思ってもみなかったことで、この先どうこうなんて全く考えられない状況だった。「明日朝にならないと病理解剖の時間が分からない」と霊安室の職員に告げ、葬儀社の名刺を1枚もらって、姪の車で帰ってきた。兄からは、この日のうちに沖縄本島へ移動出来たと連絡が入った。



いつもありがとうございます!

e0275478_835673.jpg

←大きいカレンダーはこちら

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ
にほんブログ村
[PR]
by chi_chi_ri | 2013-10-27 15:12 | 今日のバアちゃん | Comments(4)

初鍋。

今日は、日中でも日が陰ると寒かった東京地方。

こんな日は鍋にかぎると、夕食は今季初の鍋物にした。ピリ辛味噌味も棄てがたかったが、初物なので鍋の王道、寄せ鍋にした。

秋鮭とホタテと豚肉。

e0275478_1946164.jpg


八丈島のお土産に頂いたアシタバを1把湯がいてカラシ合えにしたら、ボールいっぱい出来てしまった。

さすが本場。1束の量が多い。都内のスーパーの倍はあるね。

e0275478_1953913.jpg


カラシを利かせたので、箸休めにちょうどいい。

鍋物のお陰で、夜になってやっと身体が温まった。

明日はまた栃木。先週は半袖着て行ったのに、今週はセーターか?寒そうだなぁ~。

今日はスマホから送ってみる。
[PR]
by chi_chi_ri | 2013-10-19 19:33 | 今日の隊長&ちちり | Comments(0)

立体埋蔵施設。

あちこち被害をもたらした台風が、晩秋を連れて来たかのようような朝晩の寒さ。先日までとの気温差に着る服が追いつかない。

e0275478_2124259.jpg


母の五十日祭が済んだら行きたい所が二カ所あった。
ひとつは実家から一番近い都立霊園。もうひとつは靖国神社。
亡くなって五十日が過ぎて忌が明けるまでは、神社に入ってはいけないと言われていたので、霊園にも行かない方が良いかと我慢していた。

都立霊園の申し込みは来年の夏。けれども何処にするかくらいは決めておかなければ、気持ちがすっきりしない。

遠くの土地付きか?
近くのマンションタイプか?

五十日祭は葬儀の祭に来て頂いた神主さんの神社の儀式殿で行なった。車で30分程の都内の場所。それでも親戚で集まるとなると厄介な事が派生する。

遠くの土地付きの霊園も近くに昭和天皇陵があって悪い場所ではなさそう。芝の上に規定の墓石で塔婆は禁止。仏教色が無いので母には向いていると思っていた。でも遠いのが難点。

お参りのし易さ、人の集まり易さを考えたら、近い方が現実的で魅力的な事に気が付いた。で、今日は昼に仕事を終えてから、近くのマンションタイプの埋蔵施設を見学に行ってみた次第だ。

白黒写真で見たものよりも、立派だった。想像より大きさもあったので、立地を考慮すれば、この施設で十分かもしれない。問題は抽選だという事と、どの場所が当たるか分からない事。日陰側より日向側の方が良いに決まってる。

神のみぞ知る。だろうな……。

中央の参道脇の歩道をブラブラと歩きながら、案外、神道の墓石が多い事に気が付いた。仏教の家はお寺さんの墓地があるけれど、神道はそうはいかないもんなぁ。神社に墓地は無いのだから。

e0275478_21245473.jpg


帰りにひとつ先の駅まで行って先月榊を買った商店街の花屋さんに寄った。
神道の方の花屋さん。買った榊がひと月保ったので、榊と切り花を買いに。

地元は大きな商店街が無いせいか、神棚を祀るっているところが少ないのだろう。花屋でも良い榊が手に入らない。対で買った榊の片方が三日で枯れたのには、閉口した。新しく仕入れた物と売れ残りを合わせて一対にして袋に入れたのだろう。

神様に供えるものなのに……。罰があたるよ。

e0275478_2142756.jpg

きれいな薄紫のトルコキキョウを見つけた。
ピンクの百合とスプレー菊を合わせてアレンジしてみた。
母の前が華やかになった。


いつもありがとうございます!

e0275478_835673.jpg

←大きいカレンダーはこちら

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ
にほんブログ村
[PR]
by chi_chi_ri | 2013-10-18 21:58 | 今日のバアちゃん | Comments(0)

慰霊祭の案内状。

一昨日、母が入院していた病院から封書が届いた。
こんな時期に何だろう?

入院費に不足かあったのか?
病理解剖の新たな結果が分かったのか?

ちょっと不安になりながら封を切ると、ご案内状という書面が出て来た。
入院中に他界した人の霊を慰めるための慰霊祭を執り行うらしく、その案内と出欠の返信用封筒が入っていた。

悪い気がするものではなかったので、安心した。

初めての事なので分からないが、どこの病院でもある事なのだろうか?
病理解剖の協力者だからだろうか?
年に何回か行なわれているのだろうか……?

病院主催の慰霊祭というのが、どんなものだか分からないけれど、お世話になった病院なので、行ってみようと思う。

喪服着て行くべきかしら……。

e0275478_9183047.jpg



いつもありがとうございます!

e0275478_835673.jpg

←大きいカレンダーはこちら

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ
にほんブログ村
[PR]
by chi_chi_ri | 2013-10-14 09:19 | 今日のバアちゃん | Comments(0)

オムツの寄付。

今日は午後から、使わなかったオムツを持ってデイサービスに行く。
母の入院と状況がどうなるか分からなかったので、区からのオムツ支給を止めずにいた。

入院当初、普段使っているリハパンと昼用と夜用のパッドを持って行ったが、熱が下がらないのでテープ式のオムツを病院の売店で買った。退院して在宅に戻り、トイレでオムツの処理が出来れば、テープ式のオムツは不要。邪魔になるだけなのでオムツ支給の内容は変えずに、テープ式は売店で買い続けた。

また元のように、在宅で過ごせるように、現状の状態を変えたくなかったし、ひと月程度の入院で退院出来るものと信じていたから……。
変えてしまうと、そうなってしまう。そんな気がして。
病院の売店の高いオムツを買い続けたのは、私の意地だったかもしれない。

さすがに入院が2ヶ月を過ぎた時、オムツ支給内容を変更した。
結局、尿カテーテルが外れないのでリハパンと夜用パッドを使う事は皆無。
支給内容をテープ式のオムツに変えたが、そのオムツを数枚使っただけで母は亡くなってしまった。

病院に残ったオムツは、そのまま病院で使ってもらう事にしたが、家に残された大量のオムツ。

車があれば、病院へ持って行こうと思っていた。
「オムツを貸した!オムツを返せ!」と嫌な思いをする病院がある。
でも今回は3ヶ月の入院中に一度もオムツで嫌な思いをすることはなかった。
本当は長くお世話になった、この病院で使って貰いたかった。

兄に車を出すように頼んではいるが、いつになるやら当てには出来ない。

母が亡くなって50日が過ぎるまでは母の物をそのままにしておきたかった。
ベッドもそのまま。服も入院した時のまま掛けてある。
だから祖霊舎も、葬儀の後の後飾りで使ったテーブルに仮置き。

でも、そろそろ祖霊舎もちゃんと設置しなければ……。
お参りに来たいと言って下さる方も増えてきた。
部屋を少し片付ける第一歩が、山のようにあるオムツの処分。

で、自力で行ける範囲にあるデイサービスにオムツは寄付することにした。
リハパンと昼用パッドはデイサービスに。
テープ式オムツと夜用パッドは併設の特養に。
共に区立の施設だから区から支給された物を無駄にしなくて済む。

仲良くしているデイ家族会の方が手伝ってくれる。
段ボール箱はキャリーカートに縛り付けた。
残りは袋に入れて、電動自転車。
合計13袋。二人で一度に運べるだろうか?

問題は心臓破りの坂……。

e0275478_1195766.jpg

華奢なキャリーカートが途中で壊れないことを願うしかない。


いつもありがとうございます!

e0275478_835673.jpg

←大きいカレンダーはこちら

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ
にほんブログ村
[PR]
by chi_chi_ri | 2013-10-12 11:24 | 今日のバアちゃん | Comments(0)

五十日祭と母の新居。

10月4日で母が亡くなって50日。
仏教の四十九日は、神道では五十日祭として神事を行なう。これで忌明け。

50日目が金曜日だったので、今日1日遅れで五十日祭の神霊祭を行なった。
この後、百日祭、一年祭と神事があって1年で喪が明けることになる。

神事の際に、新しく購入した祖霊舎(仏教の仏壇)もお祓いをして頂いたので、母の御霊代を納めることが出来る。母の御霊の新居。

母の部屋は、入院当時のまま。ベッドもそのまま置いてある。
葬儀の後、後飾りの祭壇用に出したテーブルの上を片付けて祖霊舎を置いた。忌が明けたので、徐徐に片付けをして、きちんとした置き場所を作らなくてはいけない。

ボチボチと……。

e0275478_22283344.jpg

白木の祖霊舎。檜の良い香りがする。
奥の扉の中に母の魂がねむっている。

明日は母の小さめの遺影をつくろう。


いつもありがとうございます!

e0275478_835673.jpg

←大きいカレンダーはこちら

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ
にほんブログ村
[PR]
by chi_chi_ri | 2013-10-05 22:37 | 今日のバアちゃん | Comments(0)

生ジュースふたたび。

朝の生ジュースを復活させた。

母の膀胱に膿が溜まっていたのが発覚してから、生ジュースを止めて、100%のクランベリージュースにしていたので、1月以来になる。

母はインフルエンザの予防接種をしていなかったので、風邪の予防と整腸を期待して、宅配のR-1ヨーグルトを使っていたが、今は普通のものでよい。

母の介護中、疲れや寝不足や腰痛はあっても、体調を崩すことはあまりなかった。朝と夜の食事には気を使っていたのもあるが、果物の摂取を毎日続けた事が、体調管理に役立っていたと思う。

「1日1個のリンゴを食べれば、医者はいらない」

そう言われてはいるが、一度にひとりでリンゴ1個は食べきれない。お腹が一杯になってしまう。リンゴだけをハンドミキサーでジュースにしても、すぐに分離してしまって、飲みにくい。一般的に果物はカリウムを排泄させる物が多いので、季節の果物と合わせれば、飽きもこなくて続けられた。

私のオススメは、バナナかアボカド。どちらでもよいので、リンゴにプラスするとトロミがついてボリュームが出る。食べるジュースのような感じ。リンゴ+季節の果物+ヨーグルト。濃度は水で調整していた。牛乳でも豆乳でも良いと思う。家族で分ければ、すぐに消費出来る。

今は父と二人分。たっぷりになってしまうが、再開した。

e0275478_99533.jpg

柿が出回り始めたね。柿もジュースにすると美味しいよ。


いつもありがとうございます!

e0275478_835673.jpg

←大きいカレンダーはこちら

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ
にほんブログ村
[PR]
by chi_chi_ri | 2013-10-02 09:11 | 今日の隊長&ちちり | Comments(0)

隊長の成長記録
おチビの写真
e0275478_1011224.jpg
LINE スタンプ販売中
e0275478_14471457.jpg
e0275478_14455997.jpg
e0275478_14473117.jpg

最新の記事

寒い……
at 2017-10-20 21:05
透かしてみれば……
at 2017-10-15 11:05
いくらなんでも……
at 2017-10-08 20:23
偽物のススキって?
at 2017-10-05 21:40
不死身です。
at 2017-09-28 19:58

画像一覧

カテゴリ

全体
今日の一品
今日の隊長&ちちり
今日のジイちゃん
今日のバアちゃん
バアちゃんの夕食
キムチ・漬け物・燻製
今年の桜
今年のバラ
クロアゲハの観察2013
ナミアゲハの観察2014
リメイク
カード織り&革
編み物
隊長が書くバアちゃんの事
ちちり的介護の優れ物
母の病歴記録
隊長の部屋
未分類

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

フォロー中のブログ

小梅のブツブツ雑談日記
burnet hillの...
ボケリン・ママリンの観察日記
~毎日がおさしん日和~ ...
こんな私の人生・・・
同居人と二人暮らし
花あかり
ちゃたろうと気まま日記
手のひらの日記帳

外部リンク

最新のコメント

タマリンさん 白いピン..
by chi_chi_ri at 10:49
こんばんは ステンレス..
by ta-marines430 at 17:23
こゆきっちさん〜 ご飯..
by chi_chi_ri at 16:19
こんにちはㇸ..
by こゆきっち at 14:14
タマリンさん、こんにちは..
by chi_chi_ri at 09:35

ブログジャンル

50代
犬

植林する苗を生育中

記事ランキング