母の介護を終えて…。それからの日々の事を徒然に……と思っていたら今度は父がっ!また介護ブログに逆戻り!?


by chi_chi_ri

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2013年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

紅色探訪な隊長散歩。

いつから行っていなかっただろう?
久しぶりに、菅刈公園から西郷山を回って帰ってきた。

初冬の公園は、赤く染まって心が弾む。
最近見かけなくなったオナガやシジュウカラ、ヒヨドリが楽園のように飛び回わり、賑やかだ。
都会の中のほんの小さな自然でも、四季折々の表情は私達に安らぎを与えてくれているかのよう。

赤い色と一言で言っても、朱色から紫に近い赤まで、色は様々。

e0275478_1414731.jpg

e0275478_1423281.jpg

e0275478_1433838.jpg

e0275478_144555.jpg

e0275478_1443394.jpg

e0275478_1452119.jpg

紅葉狩りに遠くへ出かけなくても、十分楽しめた本日の隊長散歩でした。

e0275478_148532.jpg

つまらなかった隊長に、ポチッとね。

いつもありがとうございます!

e0275478_19222669.jpg

←大きいカレンダーはこちら

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ
にほんブログ村
[PR]
by chi_chi_ri | 2013-11-30 14:13 | 今日の隊長&ちちり | Comments(0)

母の朝鮮漬け。

私が子供の頃、毎年寒くなって白菜が出回ると、母と一緒によく朝鮮漬けを漬けた。ニンニク味の白菜の白い漬け物だ。

刻んだニンニクと昆布とリンゴ。それに、しらすと輪切りの鷹の爪少々。
これを塩をした白菜の葉の間に挟み込んで樽に漬け込む。
辛くないキムチといったところ。

私が3歳ぐらいの頃に住んでいた関西の長屋?というか借家のアパートの一番端に朝鮮人(当時の呼び方)の女の人が住んでいて、多分、その方に漬け方を教えてもらったのだろう。

私の断片的な記憶では、いつもチマチョゴリを着ていたお姉さんだ。外で遊んでいると、よく朝鮮のお菓子をくれた。奇麗な色の甘くて柔らかなお菓子だった。

多分、小さな子供がいるからと、唐辛子を使わない朝鮮の漬けを教えてもらったのだと思う。

炊きたての白いご飯と一緒に食べると、何杯でもお代わりが出来た。
懐かしい味の記憶が蘇る。
白菜の葉でご飯を巻いて食べると美味しいんだぁ〜。

この間、自分でキムチの材料を揃えながら、ふと気が付いた。
当時の日本ではアミの塩辛は手に入らなかったのだろう。
代わりに「しらす」。昆布はハサミで細く切った。これは子供の仕事。
キムチと同じで、葉と葉の間に具を入れていく。「このくらい?」「このくらい?」と聞きながら、やらせてもらったことが懐かしい。

いつの頃だろうか?兄がニンニク臭いと言い出して……。
その頃から漬けなくなったような気がする。

今度、漬けてみようかな。



いつもありがとうございます!

e0275478_19222669.jpg

←大きいカレンダーはこちら

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ
にほんブログ村
[PR]
by chi_chi_ri | 2013-11-28 21:56 | 今日のバアちゃん | Comments(0)

渋滞と蕎麦。

昨日はまた早朝から栃木へ。
「祭日」と「紅葉」と「事故」が重なった三重苦のような渋滞で、箱崎から3時間掛かって目的地へ到着した。空いていれば1時間半なんだけど……。

帰りは19時に高速に乗ったと思ったら、ナビの到着予想時刻が22時30分。げぇ〜、渋滞避けて遅めに出て来たのに……。帰りで3時間半はちと辛い。
それで家に着く訳ではないからね。

一番近くのサービスエリアで、ナビの再チェック。引き返して、遠回りになる別の高速を使っても、そっちの方がまだ早そうだ。

渋滞は何カ所かあったけど、可愛いもので、2時間で箱崎に到着。
やれやれ。

遊びだと渋滞はまっても、そんなに気にならない。
でも仕事だと移動が身体にこたえるね。歳のせいか!?


疲れるけれど、栃木の仕事を引き受ける理由。
それは、お昼に食べる美味しいお蕎麦……。

しかし、昨日はお店に予約の電話をするも、繋がらず……。休みかな?
諦めて、ラーメンを食べに……行こうとしても諦めつかず、再度電話をしてみたら閉店間際に繋がった。

開店前からお客さんが並んでしまい、早めに開店したらしい。大繁盛で電話の対応まで出来なかったそうだ。家族経営だから仕方がないよ。

そして、いつも注文する「十割蕎麦」は売り切れ。うぅ〜ん、悔しい。
これだけを楽しみに栃木まで来ている身としては……。
仕方が無いので、残っていた「田舎蕎麦」に初挑戦。

e0275478_13374722.jpg

十割よりも随分太い。色が黒くでゴツゴツした食感。量も多い。
ここの蕎麦つゆは削り節の香りがたまらない。
天つゆは干しいたけのダシ。野菜天の野菜は自家栽培だそうだ。

さすがに田舎蕎麦の大盛りは、お腹に溜まった。
午後暫くは動きたくなく……。仕事も捗らず……。

次回は新蕎麦♫。楽しみにしよう。


いつもありがとうございます!

e0275478_19222669.jpg

←大きいカレンダーはこちら

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ
にほんブログ村
[PR]
by chi_chi_ri | 2013-11-24 14:28 | 今日の隊長&ちちり | Comments(0)

ささやかにボジョレー・ヌーボー

明後日は母の100日祭。
うっかりしていて、その日に仕事を入れてしまった。

神主さんに来て頂いて何かをする訳ではないが……。ちょっと気が引ける。

そんな訳で、今日は仕事帰りに、お供え用の「揚げ饅頭」を買いに行った。
柿のお礼に送っておきたい所もあったし……。

帰りがけに最寄り駅前のスーパーで三宝(お供えをのせる台)に供える、山海の幸を買った。三宝と言っても、小さな粗霊舎に合わせた、小さな三宝だ。神葬祭の時のように、大根、人参、茄子、胡瓜……と載せられる訳ではない。で、ミニチュアサイズの胡瓜と人参、大根の代わりに二十日大根を購入。後は家にある昆布と干し椎茸。スルメはコンビニのおつまみコーナーで小袋の物を探してみる。お花とお神酒は明日にしよう。

スーパーを出てから、輸入食品のお店に寄り道。

今日はボジョレー・ヌーボーの解禁日だそうで……。

試飲した。

渋い。

何年振りだろ?

ハーフボトルとオリーブを買って帰った。

e0275478_22593146.jpg

実家に戻って、仕舞ったままだった私のワインオープナーを探した。
これじゃないと上手に開けられない。


いつもありがとうございます!

e0275478_19222669.jpg

←大きいカレンダーはこちら

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ
にほんブログ村
[PR]
by chi_chi_ri | 2013-11-21 23:10 | 今日の隊長&ちちり | Comments(4)

空薫。

「そらだき」と読む。……らしい。
e0275478_20202011.jpg


仏教では線香をたくけれど、神道では線香はたかない。
でも、母の田舎からは「線香をあげて」と言われる。
神道だけれど、母の実家では線香をあげる習慣になっているようだ。

仏事用の線香ではなくて、手持ちの香り用のお香をたいてみたけれど、数種類の香りが混じった物だと、どうしても仏事の香のような気がしてしまう。

母の好きだった白檀だけの香りはないかとネットで調べてみたら、空薫というお香のたき方があることを知った。「香道」となると敷居が高いが、これなら気軽に始められそうだ。

炭で灰を温めて、その上に香木を置いて温めて香りを漂わせるもの。
香木を燃やすわけではないので、煙もほとんど出ない。

白檀の香りは、透かし彫りの木の扇子で馴染みがある。でも、他の香木は?
価格が桁違いに高い。香木の10gってどんな量なのだろう?
香りも気になるが、価格がもっと気になるところ……。

さすがにネットショップで買う勇気は出なかったので、店舗まで足を運んでみた。たまたま、地下鉄で2駅目。こういう時、東京は便利だ。

仕事を終えて行ったので、時間があった。実際に空薫をやりながら、3種類の香木の香りを試させてもらった。
香道では香りは「かぐ」のではなく「聞く」と表現するようだ。

まずは「沈香(じんこう)」。沈水香木から。
……厳格な、重々しく、引き締まった男性的な香りだ。ちょっと母には固い香りかもしれない。

次に「白檀(びゃくだん)」。
……これは、おなじみ。沈香と比べると、随分軽やか。普段、気軽にたけそうだ。

最後に貴重で高価な「伽羅(きゃら)」もたいてもらった。
……荘厳な感じ。でも雑味がなく甘さがあって、すごく魅力的な香り。何かの日にたいてあげたい特別な香りがする。香りに魅せられるっていうけど、こういうことかな?って香り。

白檀と伽羅を購入することにした。お店まで来てよかった。
ネットじゃ香りは分からないもんね。

白檀は14gの袋入りで1500円程。1cm角の香木が数十枚は入っている。
一方、伽羅は0.1g単位で0.3gから。3mm×5mm角の香木0.3gで8000円弱。22枚あった。

この価格差って、香りの甲乙なのか?
疑問に思って聞いてみたら、やはり、その産出差による希少性が価格の差になっているそうだ。


家に帰って、早速、母の祖霊舎の前で伽羅をたいてみた。
炭を起こすところから、香りが無くなるまで、ほぼ一時間。灰の様子をみながら、優雅な香りと共に、ゆったりとした時間が過ぎた。あんな小さな木片から、驚く程の香りが出る。

これで母には、線香はたいてあげられないけれど、ちょっと贅沢な香りをたいてあげることが出来るようになった。
やっぱり花だけじゃ寂しいもんね。来客のある時にたいてあげよう。

e0275478_20204962.jpg

伽羅は年明けから時価になるらしい。もっと買っておいた方が良かったか?

白磁の香炉は父方の伯父の慶事の時の記念品。


いつもありがとうございます!

e0275478_19222669.jpg

←大きいカレンダーはこちら

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ
にほんブログ村
[PR]
by chi_chi_ri | 2013-11-19 20:48 | 今日のバアちゃん | Comments(0)

デイサービス利用者家族会の会合。

土曜日、家族会の集まりに出かけた。
代表者と世話役での内々の会合。

私はもう利用者の家族では無くなってしまったので共同代表者ではいられない。引き継ぎも兼ねて参加した。

去年まで、仕事と遠距離介護で活動に加われなかった方が、定年を期に代表者を引き受けてくれた。在宅介護者同士で頻繁に集まる事は出来ないので、PC世代の方が増えてくれたことは喜ばしいことだ。

「この地域に同等の施設が出来るまでは廃止はしない」との約束は取り付けてあるが、相手は行政。行革次第で先の事の保証は無い。やはり常に目は光らせておくべきと、家族会は続行する。

私は、影武者として協力をお願いされた。

活動を始めた当初お会いした、老老で介護されている方々の事を思うと、出来る世代がやらなければいけないと痛感したことを思い出した。まして共同代表の1人は母と同い年の方だ。私に出来る事はやらせて頂くことにした。
我が家でもこの先、父がどうなるか分からない。お世話になる時に施設が無いなんて事にならないように……。

ただ、介護という現場から離れてしまうので、今までのように状況把握は出来なくなる旨は伝えておいた。


会合が終わってから、看護師さんを訊ねた。母が使っていた清拭用の洗浄剤と撥水ジェルの残りを持って。家にとっておいても何年後に使うか分からない消耗品。使えるものは使ってもらいたい。

看護師さんの名前を呼んだ。

振り返ると同時に「あっ!そのバッグ……、ダメ……」。

母の事を思い出させてしまったようだ。
デイの通所用に使っていたボストンバッグ。私が持っていたから……。
毎日だったもんね。ごめんね。

e0275478_2114542.jpg

この施設には本当によくしてもらった。


いつもありがとうございます!

e0275478_19222669.jpg

←大きいカレンダーはこちら

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ
にほんブログ村
[PR]
by chi_chi_ri | 2013-11-17 21:26 | 今日のバアちゃん | Comments(0)

病院主催の慰霊祭に行って来た。

e0275478_19245938.jpg

今日は午後から慰霊祭に行った。
母が入院していた病院の外来病棟の3階にある大会議室。会議室とあったが入ってみたら講堂のようなホールだった。

受付で記名して遺族のリボンを付けてもらい、会場へ案内された。
着席してすぐに右前方のボードに目が行った。

「解剖慰霊祭式次第」とある。

やはり、病理解剖協力者の遺族への案内だったようだ。

横に5人並びで、大きく3列。真ん中の列が遺族のようだ。右側の列は病院長はじめ、事務方の偉い関係者が10名程。その後ろと左側の列が現場サイドの医師達だろうか、白衣の関係者。臨床関係の先生方が多いのかもしれない。

式が始まり、慰霊者名拝読の中で、母の名前は最後から数番目に読み上げられた。亡くなった順というか解剖の順なのだろう。
平成24年9月1日から今年の8月31日までの1年間に解剖に協力した、60名あまりの方を対象とした慰霊祭との説明があった。
参列していた遺族は50名弱。数名で来られている家族も複数あったから、半数程度の遺族が参列していたのだと思う。

年間60名。単純に計算すると、ひと月で5名。
1週間に1人程度の病理解剖だ。

正直なところ、ちょっと驚いた。もっと多いと思っていたから……。

冒頭の病院長の挨拶で「貴重な協力」という言葉があった。
これまでの日本の医学や研究の進歩や発展の礎は、解剖への協力があっての事だと。

この病院は、母の入院していた入院病棟の他に、今日行った外来病棟、そして臨床関係の管理病棟と大きく3つの建物がある。

関係者の挨拶、献花に続いて、臨床検査科長の挨拶があった。
解剖することで「細胞のひとつひとつまで調べることが出来る」。このことが次の医療へ繋がって行くと言われた。やはり解剖無くして、医療の発展は無いと。

この慰霊祭の中で、感謝の言葉を多く頂いた。有り難い事だ。

でも、この慰霊祭のもうひつの目的は、関係した医師達のためでもあるのではないだろうか。
医療ミスでも無い限り、担当した患者の葬儀に行く機会はまずないだろう。
心残りな患者さんもいるのでは?と思ってしまう。同じ人間として、日々、人の死や遺体と対峙する事は精神的に大きな負担になることだ。1年に1度だけれど、関わった霊を慰めることで、ひとつの区切りが出来て、医師達も救われるのだと思う。

残念なことに、担当医の姿は見つけられなかった。
この時間だと外来があるしな……。
ただ、ヒューマニチュードの先生の姿が見受けられたので、良しとしよう。

私が病理解剖への協力を承諾した理由。
それは、いつかまたゆっくり書きたいと思う。

帰りに引き物の袋を頂き、参列した医師関係者が両側にずらりと整列して見送ってくれる。玄関入り口の案内から始まって、受付、クローク、エレベーター手配、通路案内等々、随分気配りの行き届いた慰霊祭だった。

帰宅して、母に報告。頂いた引き物は、同じ区内の和菓子屋さんのお菓子。母に供えて、私もひとつ頂いてみると、美味しい揚げ饅頭。
ネットで調べたら、あちこち出店もしている有名店?のようだ。
東京名物ってあるようで無いから……。今度お使いものに送ってみよう。
良いお店を教えてもらった。

e0275478_20503348.jpg

これで私も病院との区切りがついた気がする。



いつもありがとうございます!

e0275478_19222669.jpg

←大きいカレンダーはこちら

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ
にほんブログ村
[PR]
by chi_chi_ri | 2013-11-14 21:06 | 今日のバアちゃん | Comments(2)

久々のキムチ作り。

今年は11月になったらキムチを漬けようと決めていた。
母が倒れる数年前は、一緒にキムチを漬けたこともあった。
何年が続けてキムチを漬けたが、私の仕事が忙しくなって断念。
その後、母が倒れてしまったので、随分久しぶりのキムチ作りになる。

当時、ネットで調べて本格的なキムチのレシピと作り方をプリントアウトしてあったが、実家に戻る時に失くしてしまったようだ。
再度調べてみたが、そのサイトは見つからず……。
今探せる範囲で、平均的な分量にして作ってみることにした。

白菜は、この間の日曜日に仕事で栃木へ行く途中、早朝に立ち寄った道の駅が併設されているサービスエリアの産直売り場で、漬け物向きのものをゲットしておいた。1株3kg弱で¥200。2株確保した。1本¥100の葉付き大根も欲しかったが、帰りの電車の事を考えて断念。
今度からキャリーカートを持って行こう!

久々のキムチ作り。課題は「水分」だ。
日本の白菜は水分が多いので、どうしても水っぽくなってしまう。
白菜の塩漬けを作る時、韓国式だと食塩水で漬けるが、日本式で塩だけで漬けてみる。あとは水切り時間。そして、ヤンニョムに入れるのり。これの濃度を強くしてみる。今回は餅米を出汁で炊いてお粥にする。

実家から最寄りの韓国食材店を探してみたら、偶然にも、母の榊を買う隣り駅の花屋さんのお隣だった。が、行った日は休業日。榊だけ買って帰って来た。仕方がないので、ネットで購入。でも、安いし早いし、で正解。ついでにポチッとしたチャプチェ用の韓国春雨。凄い量でビックリ。レビューの多かった発砲マッコリは焼き肉に合いそう。

で、早速ヤンニョムの材料。玉葱と白ネギは初めて入れてみる。
e0275478_2237196.jpg


出来上がったヤンニョム。玉葱か長ネギの辛味が強ぉ〜い。
砂糖が足りない?確かもっと沢山入れた記憶が……。
夕方届いた佐渡からの甘い柿を急遽刻んで投入。甘みが出るかな?
前に作っていたヤンニョム。この時点で美味しかったはずなんだけど……。
e0275478_2242318.jpg


水切りした白菜に……。
e0275478_22453025.jpg


ヤンニョムを塗り込んで……。
e0275478_2246983.jpg


ジップロックへ。これで一晩常温に置いて冷蔵庫へ。
e0275478_22474598.jpg


さて、さて、どうなることか?今年のキムチ第一弾。
なんか、いまいちの気がするが……。
のりは倍量でもいいな。


母のお供えにと、おいしい柿と手紙を送って頂いた。
ありがとうございます。
e0275478_234372.jpg


隊長は、リンゴは食べないけれど、柿は大好き♥
e0275478_235494.jpg

「ありがとだじょぉ〜」



いつもありがとうございます!

e0275478_19222669.jpg

←大きいカレンダーはこちら

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ
にほんブログ村
[PR]
by chi_chi_ri | 2013-11-13 23:22 | 今日の隊長&ちちり | Comments(0)

葬場祭の日。

朝8時過ぎに兄達がやって来た。
裏のビジネスホテルに泊まっている親戚は、直会前に帰るので斎場の最寄り駅のコインロッカーに荷物を入れるからと別行動。

神式の場合、式の最中に起立低頭する回数が多い。
通夜祭では6回。葬場祭でも6回ある。立ったり座ったりが多いので、足の悪い人には着席のまま低頭だけお願いした。


二日前の月曜日。葬儀社との打ち合わせに行く途中で、神主さんから携帯に電話が掛かってきた。故人のことについて簡単に話を聞きたいとのことだった。打ち合わせ後に電話をする旨伝えて一旦切った。

「いつ、どこで産まれて、どんな人がらだったか、簡単な質問」と言われていたので、帰宅後ためらわずに電話を掛けた。

まず、生年月日と出身地を聞かれた。これは即答。
次に「父親の名前は?」と聞かれ、私の父の名前を答えると、否定された。
「あぁ、母の父親ね」っと分かったが、……何だっけ?
考えてみてもさっぱり見当がつかない。そもそも祖父の名前を聞いたことが無い。

母が、子供の時に亡くなった父親の話をする時はいつも、「父は」とか「私の父親」と言っていた。名前で呼んだことはなかったはず。母の実家の伯父に聞けば分かるので、祖父の名前は折り返しすることにした。

その他の神主さんからの質問は、生い立ちや仕事、趣味や人柄について。

神主さんから聞かれた、母の両親の名前が、式とどう関係があるのかこの時は分からなかったが、式が始まってから納得した。

式の中に、「告別式祭詞奏上」というのがある。慶事の時は祝詞(のりと)だが、弔事では祭詞(さいし)。
この祭詞、分かり易い言葉で、故人がいつ、どこで、誰から産まれ、どのような生い立ちだったか。また、どんな人柄で、趣味や好きなことは何だったかが書かれていた。それを神主さんが読み上げるのだ。

そう、母の両親の名前はこの祭詞で必要だったのだ。
後で分かったのだが、もう一カ所。通夜祭で魂を移した、御霊代の裏側にも母の両親の名前が書かれていた。


葬場祭に続いて、繰り上げての10日祭。
その後に、お別れの儀。棺にお花を入れた。

喪主の挨拶は父に代わって兄が行なったが、結局言葉に詰まってしまい、お礼を言うのがせいぜいだった。

男手が足りなくて、参列して頂いた男性にも手伝ってもらい棺を担いだ。ストレッチャーに乗せた棺に続いて、隣接する火葬場まで歩き、荼毘に。30分程で火葬は終わった。今は火力が強いのか、待つ時間が短い。

あまり原形はとどめていなかった、小さくて、脆い母の骨。
親族よりも多くの親しかった方々に収骨してもらった。

そして、直会。本当にこれで最後。
「母からのお礼です」と食事をして頂いた。

e0275478_1615730.jpg

神道は「神人共食(しんじんきょうしょく)」という考え方。
何を食べてもいいけれど……。共食い(ともぐい)ではないです。
神も人も同じ物を食べる。神様に供えたものを、皆で分け合って食べることが、直会(なおらい)だそうです。


いつもありがとうございます!

e0275478_19222669.jpg

←大きいカレンダーはこちら

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ
にほんブログ村
[PR]
by chi_chi_ri | 2013-11-12 16:27 | 今日のバアちゃん | Comments(0)

通夜祭の日。

8月21日水曜日。朝一でクリーングを取りに。せっかく、翌日仕上がる高いクリーニングに出したのに、昨日取りに行くのを忘れるなんて。父と私の喪服で5,000円近くした……悔しい。

父の部屋をあれこれ探すのも嫌なので、父の白いワイシャツと黒い靴下は昨日のうちにドンキで買っておいた。私は黒のストッキング。

昼を過ぎてから、兄達一家が到着。
父が喪服に着替えながら、ズボンの黒いベルトが無いと言い出した。ベルトぐらい出しといてくれ!孫二人をドンキまで買い出しにやった。

名古屋から来る親戚二人に、家の裏にあるビジネスホテルを取ってあった。チェックインが16時からなので、早めに来て家に荷物を置くように伝えてあったが、なかなか来ない。そうこうしている間に雲行きが怪しくなって来た。

空が暗くなって、ポツリポツリと雨が降り始めた。
運ぶ荷物もあるので、一足先に一度斎場へ行くことにした。

間一髪、車を出した途端に本降りになった。斎場へ着いて荷物を下ろした。兄は親戚を迎えに家まで戻る。暫くすると雷が鳴り出した。出足を挫くような雷と土砂降り。

後で聞いた話だが、この親戚の二人、母の母親、私の祖母が亡くなった時も悪天候に見舞われたそう。名古屋から乗った飛行機が鹿児島空港に降りる事が出来なくて引き返し、結局葬儀には出られなかったらしい。

直会(精進落とし)の場所に母の人形とアルバムを並べた。
本人の居ない場所。母の思い出話しをしてもらいたい。

式が始まる18時前には、雨は上がっていた。
濡れずに来て頂けたのか?と心配に思う。


神式の葬儀。30年前に母の実家で行なった祖母の葬儀の時が初めての経験。うる覚えだが、神主さんと巫女さん、それに鳴りものの人が二人いたと思う。突然、雅楽が始まってビックリした記憶がある。

母の葬儀、参列して頂いた方はほとんどが初めての神式でさぞ戸惑ったことだろう。
式を行なう祭祀(祝事は祝詞)奏上で式が始まり、斎場内を真っ暗にして、遺体から魂を取り出し、御霊代(白木の位牌のようなもの)に移す。儀式が終わってから、仏教では焼香だが、神道では玉串奉奠。二礼二拍手一礼して行なう。拍手は音をたてない偲び手。

葬儀の件、兄と私の仕事関係には連絡しなかった。子供のお付き合いで、葬儀が賑やかになるのもどうかと思ったから。それより、母と親しかった方にゆっくりしていって貰いたかった。親族は少なかったけれど、あたたかな通夜祭になったと思う。会いたかったであろう人も来てくれた。

e0275478_18283325.jpg




いつもありがとうございます!

e0275478_19222669.jpg

←大きいカレンダーはこちら

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ
にほんブログ村
[PR]
by chi_chi_ri | 2013-11-05 16:21 | 今日のバアちゃん | Comments(2)

隊長の成長記録
おチビの写真
e0275478_1011224.jpg
LINE スタンプ販売中
e0275478_14471457.jpg
e0275478_14455997.jpg
e0275478_14473117.jpg

最新の記事

トリック?
at 2017-06-19 12:46
父の日だから……
at 2017-06-18 19:11
神話崩壊?
at 2017-06-13 19:30
魚地獄がやってきた。
at 2017-06-06 15:18
お婆ちゃんのアッパッパー。
at 2017-06-05 14:56

画像一覧

カテゴリ

全体
今日の一品
今日の隊長&ちちり
今日のジイちゃん
今日のバアちゃん
バアちゃんの夕食
キムチ・漬け物・燻製
今年の桜
今年のバラ
クロアゲハの観察2013
ナミアゲハの観察2014
リメイク
カード織り&革
編み物
隊長が書くバアちゃんの事
ちちり的介護の優れ物
母の病歴記録
隊長の部屋
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

フォロー中のブログ

小梅のブツブツ雑談日記
burnet hillの...
ボケリン・ママリンの観察日記
~毎日がおさしん日和~ ...
こんな私の人生・・・
同居人と二人暮らし
花あかり
ちゃたろうと気まま日記
手のひらの日記帳

外部リンク

最新のコメント

鍵コメさん、こんにちは。..
by chi_chi_ri at 12:41
こゆきっちさん、こんにち..
by chi_chi_ri at 15:27
雷雨は大丈夫でしたか❔ ..
by こゆきっち at 11:11
鍵コメさん、こんにちは。..
by chi_chi_ri at 15:08
タマリンさん、こんにちは..
by chi_chi_ri at 11:07

ブログジャンル

50代
犬

植林する苗を生育中

記事ランキング